健康おたく  うめ の コラム   2017,9

 

 home

 

免疫力をあげるヒント

 

 

           実は、癌の予防と同じなんですよね・・・・

 

     ただ、子供の学習の妨げにならないよう、

 

      .ぅ鵐侫襯┘鵐兇覆匹離Εルス疾患だけは、かからないようにする。

       ダメージが大きく、半年ほどは、記憶できないようになることがある

 

      (筆者の周りで、国立大学に現役合格された方たちは、実は、それまで

       一度もインフルエンザには、かかっていません。

       睡眠をしっかりとり、納豆、りんご、ほうれんそうの胡麻和え、ブロ

       ッコリー、キャベツを食べる。白砂糖は使わない。オリゴ糖や はち

       みつを使う。さらに 宿題は学校ですませてくる、ですね。)

  

       ブロッコリーキャベツは腸内のガンやクローン病など多くの病気の

       発生を防ぐそうです

 

     ◆(貎討、笑顔でいられる環境を、子供以外の家族・社会が支える。

   

       母親が安心して暮らせる環境にあると、家族の健康に気配りもでき、

       栄養や運動の勉強もできます。

       母親のメンタルは、母親の腸内細菌の良さにつながり、子供や家族の

       健康につながります。

      

       そのためには、子供達が安心して、学校で学べる環境をつくることが

       大切です。子供の心配がなければ、母親は比較的 幸せでいられます

 

      家庭環境によっては、中学校に進学できないお子様もおられますので、

       社会のマナーは、小学校までに しっかり 教えることが大切です。

       それが幸せな社会の基盤となります。社会全体で取り組めるといいですね。

       ただし、家庭も含め 教育には 暴力は必要ありません。

 

       暴れる子供は、なにがしかの理由で腸内環境が悪いです。

       実は 運動で骨を整え、食事に、りんご、はちみつと、納豆、チーズを

       毎日組み込むことで 早ければ 10日ほどで 改善されます。  

     

 

       人間関係さえ良くなれば、思い通りの人生が送れる。

 

      その為には、マナーを学ぶ、いつも失礼なことを言わない。

                        (マーフィーの法則)

    

       ( 上記の言葉は、子供の時にこそ 知りたかったですね。

 

       マナーを学ぶとは、どうしたら、信用される人になれるか?

       に つながりますね。 いかに生きるか? 永遠のテーマですね・・・)     

 



    home  

    筆者は、健康おたくと先生から呼ばれている うめ です。

      化学、生物、物理、地学、天文など、理科系 と 体育 現代アートが大好きです。教員免許は持っています。

    先生が「健康オタク」と おっしゃるほど 趣味は 国内外の医学・薬学・栄養学・脳科学 関係書物の読書です。  

    幸い 親友(祖父は滋賀県出身)がヨーロッパで、大学病院の内科医師や、世界的な整形外科学会関係者

    なので、 日本にない情報がダイレクトに 届きます     

    日本の医学はアメリカに偏りがちですが、アメリカとヨーロッパの予防接種事情などは、また違います。

     

Yahoo!ジオシティーズ